京生麩について

生麩(なまふ)は、鎌倉時代末期に精進料理の一食材として用いられたと伝えられており、
肉食を禁じられていた禅僧にとっては、貴重なタンパク源として食されておりました。

「麩(ふ)」は良質の植物性タンパク質のかたまり。生麩料理は、低カロリーで消化吸収の良い
健康食品でもあります。主原材料は、「小麦グルテン(小麦粉と水を混ぜ合わせ、でん粉を分
離させ残ったタンパク)」と「もち粉」となっております。 作り方はシンプルですが、そこに見えない職人の技が込められています。
生麩は「もちもち」とした食感に加え、「コシ」がありながらも「やわらかく」噛んでいくにつれその上品な旨味、風味が最後まで口の中に残ります。

伝統の製造方法を守り、ひとつひとつ丹精を込めて手作りした生麩を是非、ご家庭で。
京都の生麩料理をご堪能ください。 日持ちのする冷凍にて販売しております。

back to top